糖朝グランドセンチュリー

糖朝は急にお馴染みの名前、 "心にに甘い"碑文を推奨個人的に香港のフラッググルメワンポアに向け試飲砂糖の後にペンを拾う武術マスタージンを獲得、香港のハッピーバレーに1991年に設立されました

 

1969

●  肩で担われた木桶から生まれた成功

貧しい時代、当時はただ子どもに幸せな優しい思い出の味を与えるため、年長者は天秤棒を担ぎ街角で物を売っていました。

 

1991

●  1991年の華やかな時代に、糖朝は香港(ハッピーバレー)で設立されました。

    父親の教えを受け継いだ創設者の洪翠娟氏は、食材そのものの味と製造過程に自

    の思いを持ち、この地の美食を広めて伝承していくという理念のもとに、『糖

    朝』を創立しました。 そして『糖朝』オリジナルの素朴で精密な飲食文化を広め

    たのです。

 

2000

●  創設当初『糖朝』は香港式デザートでスタートしました。家に代々伝わる滑らか

    で洗練された口当たりの豆腐花に様々なデザートを組み合わせ、木桶に盛り付け

    ました。その後、『糖朝』の名は国内外に広まり、1日2,000杯の販売記録もうち

     たてました。2000年には伝統を引き継いで、革新と融合し、顧客のニーズに応え

     ていくため、『糖朝』ではお粥・麺類・点心および正統香港式料理などの新しい

     要素を取り入れました。本物の材料と非凡な腕前で作られた極上の料理は、国内

     外の華人から大人気の広東料理店のひとつとなりました。

 

2001

●  『糖朝』は人文学芸術の濃厚な息吹が感じられる日本の東京都青山に正式出店し

     ました。この地は日本での糖朝ブランドの成長において、不可欠で重要な店舗と

     なりました。

 

2002

●  正統香港ブランドとして海を渡って台湾へやってきました。この年『糖朝』は台

    湾で一大旋風を巻き起こしました。行列が絶えず、忠孝東路四段にある550坪の一

    号店には毎日2000人近くの人々が食事に訪れました。当時、台湾国内初の香港式

    美食の先駆けとして話題となったレストランとなりました。

 

2003

●  糖朝が日本に進出して2年後、東京の高級百貨店の高島屋に続々と3店舗を開店し

    ました。3月に【日本橋店】、10月に【玉川店】、11月に【柏店】をオープンさせ

    ました。短期間で百貨店に3店舗のレストランをオープンさせ、糖朝の一大快挙と

    なりました。 

 

2005

●  日本地区における長年の努力の積み重ねにより、中央廚房を設置しました。そし

    て初めて東京を出て、4月に【名古屋店】を正式にオープンしました。

    

2006

●  アジア各地で認められ、香港デザートにおいてトップの栄誉である、“ 当代デザー

    トのトレンド ”の称号を獲得しました。香港を訪れたら必ず食べたい香港式レスト

    ランのトップに選ばれ、同時に香港デザートの王様の地位を獲得し、格式ある香

    港式レストランとなりました。

●  名古屋進出後に続き、【京都店】もオープンし、『糖朝』は伝統的な日本文化に

    新しい色どりを注入しました。

 

2007

●  日本の高島屋グループとの提携により、台北の【天母大葉高島屋】にもオープン

     し、天母地区のシンボル的レストランのひとつとなりました。

 

2008

●  『糖朝』は中華航空のヨーロッパ便及び日本便のビジネスクラスで利用されるデ

    ザートに初めて採用されました。新鮮なフルーツと杏仁豆腐は総統の海外訪問専

    用機出訪特選機のデザートにも採用されました。

●  同年、台湾の南部に展開する大統グループの強力の下、南台湾の五福商圈の一等

    地に第一号店を出店しました。利用客が毎日詰めかけ、非常な賑わいとなりまし

    た。

 

2010

●  国際園芸家協会博覧会国際事務局からの正式な認証を受け、初めて台湾でA2/B1

    級国際博覧会の台北国際花卉博覧会が開催されました。そして唯一のデザー

    ト店として『糖朝』も出店しました。

●  日本地区の7軒目の店舗として【大阪店】が3月にオープンしました。

 

2011

●  ブランドと企業イメージをさらに向上させるために、伝統的デザートをメインと]

    してきた『糖朝』ブランドでは、新たに“ 盛世珍饈甜品王朝 ”をオープンし香港式

    のお食事のご提供を開始しました。新オープンした糖朝は様々な人々の口コミに

    より有名となりました。

●  同年度には “尚好餐廳金饌賞”を獲得し、台湾八大ネット販売において、おせち料

    理の“大根モチ、デザート(紫米と小豆のおもち)”部門で第3位に選ばれました。

   『糖朝』のきめ細やかな経営は各界から支持され認められました。

 

2012

●  1,000坪以上の最大級の香港式伝統的レストランを台北と上海において同時にオー

    プンしました。この広大な面積を誇る香港式レストランは、台湾では前代未聞の

    快挙であり、NTD8000万をかけて建てられた台北統領旗艦店はインテリアに古典

    と重厚な現代感覚をミックスし、糖朝ブランドの認知度をさらに高めました。

●  同年には台湾台中市で有名な緑園道商圈に糖朝レストランをオープンしました。

    これは糖朝の台湾後十年を経て、初の台湾中部進出であり非常に意義あるものと

    なりました。

●  台北美食饗宴優良餐廳賞を受賞。

●  台湾観光のイメージを向上させるため、台湾桃園空港では近年、勢力をあげて出

    店している店舗の再整理を行っていました。利用者に優良な食品と優れたサービ

    スを提供するため、精密な美食で著名な『糖朝』が出店店舗として選ばれまし

    た。そして同年度には世界的量販店のCOSTCOでプリペイドカードの販売を開始

    しました。

●  【香港漢口道総店】移転前の尖沙嘴広東道総店は毎月十万人以上が押し寄せ、国

     内外から香港を訪れた人が必ず訪れる行列の絶えない大人気店でした。そして

     2012年12月下旬に漢口道に移転しました。新店舗の糖朝はデザインを刷新した以

     外に、同時にメニューとサービスを新しくし、国内外からの訪問者に老舗がさら

     に革新的発展を遂げる過程を見せました。こうして糖朝の次の新たな20年がス

     タートしたのです。

●  【銅鑼湾希慎点心専門店】銅鑼湾時代広場そばの希慎ビルに出店している台湾の

     有名な誠品書店において、糖朝は香港で初の点心店をオープンさせました。これ

     は糖朝の20年の歴史において初の香港島に進出した点心店であり、非常に意義が

     あるものとなりました。

 

2013

●  香港遊客至愛食府大賞を受賞

●  香港微笑企業賞を受賞

●  糖朝上海概念旗艦店が中国の上海でオープンしました。今回は二年前に上海盧安

    区を撤退した後の上海での再進出であり、非常に意義があるものとなりました。

    長年の経営成果により、糖朝は上海盧安区で最も優れたレストランのひとつとな

    りました。

●  1,000坪以上の面積を有する糖朝北京概念旗艦店が、中国北京三里屯にオープンし

    ました。糖朝初の中国首都進出であり、北京第1号店でもあります。北京の美食家

    が長年期待してきた、5000キロ離れた香港の美食を楽しむという夢を実現したの

    です。

●  糖朝は六本木にて【お粥と麺類専門店】を4月に日本の東京でオープンしました。

    この店舗は日本のテレビメディアや雑誌から高い注目を集め、高評価を得まし

    た。

     ●  糖朝の第21号店が中国の瀋陽にて誕生しました。これは上海で著名な新天地

         ショッピングモールが、瀋陽皇姑区に造ったショッピングモールの瀋陽天地に6

         月にオープンした店舗です。上海新天地と同様の人気を期待し建設されました。

     ●  上海淮海路アベニューブティックに戻るその3番目の店舗をオープンした上海

     ●   香港で有名なヘンダーソンランド名所・ヴィクトリアピークでデザート専門店を

          オープン。

     ●   訓練基地がここに建てられながら栽培の将来の発展のため、ミッションヒルズグ

          ループは、世界最大のゴルフクラブ、に定住シンセンの広東語発祥の地南部の都

          市、予備の人材プールに20年間で初めて。

Copyright © 2012sweetdynasty.com.tw All Rights Reserved.