世界へ美食テリトリーを広める

「糖朝」ブランドを国際社会に広める重要方針として、2002年に設立した台湾の高級ダイヤモンドのリーダー「アンソニーズグループ」によって、2011年には積極的に国際社会におけるテリトリーを広めていく計画が立てられました。

アンソニーズグループ はグループ創立以降、ダイヤモンドを一般市民に普及させることに力を入れ、「一生の夢はいつでも実現できる」という考えを堅持してきました。アンソニーズのダイヤモンドはたった20ポイントでも、完全カスタマイズの象嵌サービスを提供し、20ポイント以上のダイヤモンドには全て、GIAの 国際鑑定報告書を付けています。

アンソニーズグループは、「ダイヤモンド」と「美食」はどちらも人生の至高の喜びであると信じています。特に香港式点心は華人にとって伝統的な美食であり、香港だけでなく香港の現地の美食を世界に普及させるべきであるという理念のもと、2004年には初めて「香港糖朝」の台湾におけるブランド経営権を取得し、8月には「香港糖朝」を台北の飲食業界へ持ち込みました。

アンソニーズは「したいときにするのが一番いい」という考えを堅持し、「糖朝」開店の初日から、「糖朝の香港美食はダイヤモンド並みの品質である。」を打ち立てています。2008年2月に、「糖朝」は中華航空のヨーロッパ便及び日本便のビジネスクラスで利用されるデザートに初めて採用されました。

同年の夏には、新鮮なフルーツと杏仁豆腐が総統の中央アメリカ訪問専用機のデザートにも採用されました。2010年 には、台北国際花卉博覧会の唯一のデザート店として出店しました。2011年4月には、台北市政府の“尚好レストラン金饌賞”を受賞し、12月には台湾八大ネット販売において、おせち料理の“大根もち、デザート(紫米と小豆のおもち)”部門で第3位に選ばれました。台湾糖朝は毎年賞を獲得し、まさに青は藍より出でて藍より青しのことわざの通りとなったのです。

「糖朝」の食事が、華人を代表する食文化の料理ブランドとなることを願い、2011年にアンソニーズグループでは糖朝の国際化を目指し、正式に糖朝の飲食事業経営に乗り出しました。現有ブランドを「盛世珍羞 スイーツ王朝」の多様な香港料理へと発展させ、全世界の美食家から選ばれることを目標としています。

21年目に入った「糖朝」グループでは、現地精神で台湾を開拓するほか、現在では上海・日本にも拡大しています。将来的には、台湾で飲食経営のソフトパワーを発揮し、台湾の文化と生活哲学を料理に融合させて、洗練された美味しい料理を創造していきます。そして、糖朝の美味しさをアジア各国へ拡大させ、ヨーロッパ・アメリカ市場へも進出していきたいと考えています。

『糖朝』では、東洋の飲食の要素を西洋料理に取り込み、東洋の飲食を世界へ向けて発展させています。そして、将来には世界各地の各主要都市すべてに「糖朝」のレストラン・デザート・酒楼・ファストフード、さらには24時間営業の「糖朝」レストランを作り、東洋の趣がある食事環境で、すべての人に中国飲食の趣ある美食を提供したいと考えています。様々な時間に様々なお客様のニーズにお応えし、最高に美味しい料理と真心込めた暖かいサービスを提供していきます。

『糖朝』では本場香港の美味しい料理を提供しつつ、各地の飲食習慣に合わせて細かいところまで調整し、現地に合った特色ある料理を開発しています。さまざまな美食を提供する以外に、現地の消費者の好みや飲食文化を尊重します。『糖朝』では、いつでも一人一人のお客様に温かいおもてなしと感謝の心を持ったサービス、家のお母さんが作るスープのように、心を込めた料理をご提供しています。新鮮で美味しい食材のほか、たくさんの愛情と祝福であなたの舌を満足させ、体と心を温めます。

糖朝の飲食グループの美味しさは、堅実にゆっくりと一歩一歩前進しています。中華の美食が全世界へ広まり、糖朝ブランドが本物の「盛世珍羞 スイーツ王朝」を打ち立てることを願っています。

Copyright © 2012sweetdynasty.com.tw All Rights Reserved.